title_toilet

中山道茂田井間の宿

観光地PR

茂田井間の宿は「中山道の芦田宿と望月宿の間」に位置し、大名行列など双方の宿場の加宿としての役割を果たし、多くの旅人の疲れを癒してきました。茂田井宿は格子戸の家が続く、風情ある街並を現在も残しており、往時を偲ばせる雰囲気が十分に満喫できるよう、地域住民により大切に保存されております。2軒の造り酒屋が並列するなど、くつろぎの空間をお楽しみいただけます。

主な概要データ

  • 市町村名 : 北佐久郡立科町
  • 観光地名 : 中山道茂田井間の宿
  • 設置箇所名 : 中山道茂田井間の宿
  • 観光エリア : 東信州エリア
  • トイレ名称 : 中山道茂田井間の宿 雪隠 トイレ

 

主な設備等の写真

  • 外観
  • 外観
  • 外観

 

水洗式トイレ(簡易水洗)
男子トイレ 小便器数 1
大便器数 1
 うち和式の数 0
 うち洋式の数 1(男女共用)
女子トイレ 便器総数 1
 うち和式の数 0
 うち洋式の数 1(男女共用)
多機能トイレ ×