title_toilet

大洲七椙神社(七椙児童公園)

観光地PR

松川町元大島に鎮座する「大洲七椙神社(おおしまななすぎじんじゃ)」は、諏訪信仰の流れをくむ長い歴史を有し(平治年中(1160)創建)、地元上新井区の皆さんの厚い信仰を集める鎮守です(松川町指定文化財)。
境内は高さ50mを超える古樹でうっそうとしており、その中でも特に、樹齢千年を超えると言われる御神木の老杉が七本、社を守るように聳え立っています。
この御神木は、その長い歴史の中で、七本ともに「病気にならなかった」、「落雷にもあわなかった」として、強い生命力と強運を持つ”千年杉”と言われており、近年は、観光客が訪れる注目の”パワースポット”となっています。

主な概要データ

  • 市町村名 : 上伊那郡飯島町
  • 観光地名 : 大洲七椙神社
  • 設置箇所名 : 大洲七椙神社(七椙児童公園)
  • 観光エリア : 伊那路エリア
  • トイレ名称 : 七椙児童公園トイレ

 

主な設備等の写真

  • 外観
  • 外観

 

水洗式トイレ(簡易水洗)
男子トイレ 小便器数 2
大便器数 0
 うち和式の数 0
 うち洋式の数 0
女子トイレ 便器総数 2
 うち和式の数 0
 うち洋式の数 2
高機能トイレ