おもてなしマイスター

河野 岳

img01

☆就業している分野

旅行業(軽井沢町の着地型旅行会社「軽井沢トラベル&コンサルティング」代表)

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

軽井沢町に根差した着地型旅行会社として、訪れた旅行者にこの地域の文化・風土を実感、体験してもらう旅づくりをすること。同時に地域の方々と共に、地域の魅力を再発掘し、旅作りを通して発信していくこと。軽井沢をお金を消費する“観光地”ではなく、時間を使ってもう真の“リゾート”にしていくこと、そして訪れた方の命がリソートされるおもてなしを地域と共に作っていくこと。信州のゲートウェイ軽井沢に訪れる年間840万人の旅行者に、軽井沢だけではなく信州の他の地域の魅力も伝え、一人でも多くの方に信州を回遊してもらうよう情報発信、仕組み作りをしていくこと。

☆実施したおもてなしの事例

軽井沢の文化・風土を体験できる着地型ツアーの企画運営。地域の魅力再発見ツアーを軽井沢、および周辺自治体とも連携し企画運営。軽井沢の地元有志で立ち上げた住民団体「本軽井沢会」において、軽井沢広域エリアの冬期の集客プロジェクト「軽井沢ベースキャンププロジェクト」を立ち上げ。周辺エリア12スキー場と連携して共通クーポンを発行し、軽井沢をベースキャンプに軽井沢町や周辺エリアを訪れてもらう施策。

☆実施したおもてなしの事例

2017年7月~ 本軽井沢会 観光立町委員会 副委員長
2018年3月  群馬県下仁田町において「小さな町のインバウンド戦略」講演
2018年3月~ 次世代観光地域づくり創造委員会 事務局長