おもてなしマイスター

加藤 万純かとう ますみ

☆就業している分野

宿泊業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

私は今まで「おもてなし」について深く考えたことが無く、具体的にどういったものかという事が分かりませんでした。
そんな中、私は通勤途中でラジオを聞く事が多く、ある晴れた日の朝にラジオDJが「私は誰か素晴らしい人の様にはなろうとは思いません。他人を見てこんな人にはならないぞという気持ちでいます。」と言ったのです。世の中には「反面教師」という言葉がありますが、まさにこの事でした。
例えば地方観光地の通りに10軒のお店が並んでいるとしましょう。それが全て同じ様な物が売っているお土産屋だったとしたらどうでしょうか。「まぁ、こんなもんか」と適当な物を買って帰るでしょう。ですが、それが10軒それぞれ全く違った専門店だったらどうでしょうか。その通りで買い物するだけで、その旅行が楽しくなりませんか。
つまり、「他人の悪しき部分を避ける」という事は、「その消去法により残った部分【個性】を引き出す」という事に繋がり、それそのものがおもてなしに成り得るという事だと考えています。
もし、「良い部分だけを切り取った」場合、それはその人のコピーであり、自分の潜在能力をそのコピーによって覆ってしまいます。そういった事は恐らくAIが学習してできるようになっていくでしょう。しかし、AIには個性はありません。人は個性の中に「今だけ・ここだけ・あなただけ」の思いやりの心を持っているのではないでしょうか。
私たち一人ひとりがおもてなしそのもので、「自分らしさ」を出して行く事でより質の高いおもてなしが目指せると思います。

☆実施したおもてなしの事例

館内案内図の刷新(視覚に障がいのある方に配慮した改善)
社内ユニバーサルツーリズム講習の受講

☆講習会、研修会等の講師実績

無し