お知らせ・新着情報

「第5回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました


「第5回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました。
詳しくはこちらをご覧ください。

「第4回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました


「第4回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました。
詳しくはこちらをご覧ください。

「第3回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました


「第3回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました。
詳しくはこちらをご覧ください。

「第2回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました


「第2回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました。
詳しくはこちらをご覧ください。

「おもてなしマイスター」の取組をご紹介します。


 7月4日(日)に、「信州おもてなしマイスター」の大森女礼さんと、児玉真弓さんが企画された「信州ことば磨き塾in学都まつもと」が開催されます。塾長として、元NHKエグゼクティブアナウンサーの村上信夫様をお迎え致します。
詳しくはこちらをご覧ください。

「第1回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました


「第1回信州おもてなし未来塾」(第7期)を開催しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

「信州おもてなし未来塾」(第7期)の受講希望者の募集締め切りのお知らせ


「信州おもてなし未来塾」(第7期)の受講希望者の募集は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

「信州おもてなし未来塾」(第7期)の受講希望者の募集を開始します。


 昨年度は新型コロナウイルス感染拡大のため中止とさせていただきました、「信州おもてなし未来塾」の第7期について、令和3年度に実施することとなり、改めて受講生の募集を開始します。

1 目的
県内の各業界・各地域と繋がり「地域の応援隊」として、おもてなし向上を牽引するリーダーを養成するため、中核となり得る人材に対し、集中的・効果的な講座を開催する。
2 塾長
高野 登 氏(人とホスピタリティ研究所代表)
3 対象者
(1)県内に居住または通勤する者
(2)特に事情がない限り、7回の講座に休まず出席できる者
(3)おもてなしの実践に関心と意欲のある者
※1…上記(1)~(3)をすべて満たす者
4 定員
40名程度(経済団体等からの推薦者、受講を希望する者からの申し込みを合わせて選考)
※ただし今年度に限り、新型コロナウイルス感染拡大を受け中止とした令和2年度の受講希望者を優先的に選考することとする。
5 実施期間
令和3年5月から令和4年3月まで 合計7回
6 開催場所
長野市、上田市、伊那市等県内で開催
7 受講料
年3万円 (ほかに受講に要する旅費、資料代等の負担あり)
8 申込方法
(1)下記「信州おもてなし未来塾受講申込書」に必要事項をご記入の上、次のテーマ①及び②に関する小論文を添えて、観光誘客課あてに電子申請または郵送(FAX不可)でお申し込みください。締切は、4月16日(金)までです。(推薦される場合は未来塾受講者推薦書も添付)
■テーマ
「①受講の動機」(200字程度)
「②あなたが実践したいおもてなし」(600字程度)
(2)小論文の様式は、特に定めません。(任意の様式で作成し、受講申込書に添付し提出)
【お申込み・お問合せ先】
〒380-8570(住所記載不要)
長野県観光部観光誘客課 おもてなし推進担当 信州おもてなし未来塾担当
【電話】026-235-7253(直通)
【E-mail】kankoshin@pref.nagano.lg.jp
【電子申請アドレス】
(ア)受講者申込用
(イ)推薦者提出用
9 スケジュール
スケジュールのPDF
10 受講者の選考
受講申込書の記載事項、小論文により選考
受講申込書、各資料のダウンロードはこちら↓↓↓
募集要項
信州おもてなし未来塾受講申込書doc
未来塾受講者推薦書doc(推薦される場合のみ使用)
小論文(参考様式)doc

上田市の「おもてなしマイスター」の取組をご紹介します。


上田市の「おもてなしマイスター」有志の皆さんが、キッチンカープロジェクトを始動しました。

コロナ禍の中で、困窮する飲食店や小売店の方々と、外食が中々できず「食べる」楽しみが減ってしまった家庭とを繋ぎ、「おいしいプロの味わいを食

卓」に届けることができないかと始まったプロジェクト=「APARK事業」

詳しくはこちらをご覧ください。

松川町の「おもてなしマイスター」の取組をご紹介します。


 愛媛県の有志「ちょびっと19+」がつくった「シトラスリボンプロジェクト」に賛同し、地元の伝統工芸=飯田の水引を使ったシトラスリボンの作成・普及活動を行っている「おもてなしマイスターまつかわ」の取組をご紹介します。

 詳しくはこちらをご覧ください。