title

 皆さまの地域において、おもてなしについて学びたい、おもてなしについて講演をお願いしたい等の要望にお応えします。
 ご希望のマイスターをご紹介いたしますので、ご要望の際は当課までご連絡ください。

連絡先
〒380-8570 長野市南長野幅下692-2
長野県観光部観光誘客課おもてなし推進係
電話 026(235)7253/メール kankoshin@pref.nagano.lg.jp

「信州おもてなしマイスター」とは

長野県では、県内の各業界・各地域のおもてなし向上を牽引するリーダーを養成するため、中核となり得る人材に対し、信州おもてなし未来塾を実施し、その修了生の中から「信州おもてなしマイスター」を認定しています。

東信地域

鈴木 隼人すずき はやと

img01

☆就業している分野

旅館業(別所温泉旅の宿南條)

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 昨年名古屋、大阪と二日続けて出張にでかけることがありました。まず名古屋駅の地下鉄で大きな荷物をもった小さなおばあさんが階段を下りていたのです。その横をどんどんと通り過ぎていく人たちにびっくりしながら、自然と声をかけ荷物を持ち一緒に電車に乗りました。翌日大阪駅では外国人の5人家族が駅構内の地図を見ながら何か話している。相変わらず素通りの人々に、大阪の道を知っている訳でもなく英語もたいして話せるわけでもなかったのですが、声をかけていた自分がいました。結局一緒になって困って、インフォメーションまでお連れしただけでしたけどね。
 どちらの出会いもとても感謝していただいたのですが、私もどちらともちょっとしたお話をさせていただいたり、仕事の合間にほっこりできた出会いでした。そしてこれが長野県であったらどうだったのだろう?とも思ったのです。大きな荷物を持った方に声をかける方がいるのかな?駅で地図を見て困っている外国人観光客に声をかけてあげているのかな?
 職場のおもてなしを向上することはもちろんですが、全ての人が別所温泉内で自然とこういった手を差し伸べてあげられるようなあたたかい温泉地にすること。旅館で気持ちの良い温泉に入った、おいしい食事を食べた、ということも大切な思い出です。でも心に残る旅の思い出ってこういった地元の人とのちょっとしたほっとする出会いだと思うんですね。そういったなんだかあたたかい、第二の故郷のような雰囲気を別所温泉だけではなく上田市、東信地区、そして全県に広げ、「あの」地域にまた行きたい、「あの」人に会いにまた行こうとおもってもらえる地域にすることが理想です。
 それには私一人では到底無理です。しかし県内各地におもてなしマイスターがいます。マイスターには認定されなかったですが一緒に学んだ塾生がいます。2期生も増え、そしてこれからは3期生も、となるとそのつながりがあれば可能だと思っています。このつながりをしっかりと太いものにし、引っ張っていくのが私たち信州おもてなしマイスターの役割だと考えております。

☆講習会、研修会等の講師実績

長野県上小地方事務所商工観光課主催の「真田丸」おもてなし勉強会
(菅平高原国際リゾートセンター、鹿教湯温泉交流センター、別所温泉センター、上田市合同庁舎)

菊地 久美子きくち くみこ

img02

☆就業している分野

サービス業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 私の目指しているおもてなしは「郷土料理を通じて、自分たちの住んでいる地域を心から愛することができる人づくり」です。
 昔の日本は地域の中で大人が子ども達に、人と向きあうことの大切さ人を思いやることの大切さを教えてくれました。ですが、近年核家族が増えお年寄りのとの関わりが少なくなり地域ぐるみで子どもを育てることがあまり見られなくなってきています。
 私は幼い頃、祖母の作る料理が大好きでした。祖母の作る料理には、愛情がたっぷり込められていて、その愛をめいっぱいいただいた私は郷土を愛する心が自然に身についていました。私が教えていただいたこの愛を郷土料理を通じて、次世代に繋いでいきたいと思います。「日本一幸せな県」で住んでることを、みんなで実感していきたいと思います。

☆実施したおもてなしと事例

善光寺御開帳のゴミ拾い
小学校での絵本読み聞かせ

☆講習会、研修会の講師実績

「真田丸」おもてなし勉強会 講師
親子お菓子作り教室     講師

小相澤 隆幸こあいざわ たかゆき

img03

☆就業している分野

地方公務員

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 日本人の素晴らしさは「真面目・勤勉・正直・助け合い・思い合い・公のために・誰かのために」ではないかと思います。
 そこに、その土地の気候風土と生活文化、そこから生まれた知恵や、地域ならではの繋がりと風習があります。
 戦争を経験し大変な苦労を経て、今を築いてくれた先人の皆さん。様々な経験をされた人生の先輩、地域の皆さんや祖父母、両親に育てられ、あらゆる場面を通じてたくさんの事を教えていただいたことに、ようやく気づくことができました。
 日本人として、信州人として引き継いでいかなければならない大切なことがたくさんあります。
 これら大切なことを少しでも感じてもらえるような、人との接し方に努め、さりげないふるまいの中に、心地よさが感じられるような対応を心がけたいと思っています。
 地域への想いを仲間と共有し、地域の農村文化を感じる「おもてなし」を目指しています。

☆実施したおもてなしの事例

・未来塾第一期生有志による、長野駅から善光寺までのごみ拾い
・有志仲間との、荒廃農地再生とそば栽培での地域への振る舞いなどの活動

☆講習会、研修会等の講師実績など

・長野県丸子修学館高校1年生
・長野大学福祉学部中村ゼミ
・東御市観光ボランティアガイドの研修会
・上小地方事務所商工観光課「真田丸おもてなし勉強会」

南信地域

蓑島 江身子みのしま えみこ

img04

☆就業している分野

飲食業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 私は、飲食業を経営しています。食を通してお客様の心地よさとスタッフの幸せを目指し、地域に元気と笑顔が広がる街つくりに貢献していくことを目指しています。たとえば地域で行き交う人々とすれ違うとき、「おはようございます!!」「こんにちは!」「こんばんは!」とお声掛けさせていただくことで、私たちは地域でお役に立っているという、達成感や街を愛する心が成長します。そんな若者をたくさん増やし街を元気にして行く。また、若者が元気になる環境つくり、其れは雇用創出して行くことや、労働環境を安定が大事ですね。「日本一のおもてなし」の県になったら外国からの誘客も日本で一番になることで、全国の中から長野県を選んでいただけると思います。そんな街づくりや会社づくりに貢献したいと思っています。

☆実施したおもてなしの事例

①お客様へのおもてなし
お店では、お客様への「おもてなし」は、お客様感動満足につながるふれあいを目指しています。
定期的にイベントを実施(じゃんけん大会・夏祭り・料理対決・季節ごとのイベント(正月イベントで書初め大会・2月の節分豆まき3月の女の子の日でサービス・5月男の日のサービス・7月の夏祭り千本引き・10月紅葉祭り・11月ハロイン・12月クリスマス)
②地域への「おもてなし」
毎日店舗付近のゴミ広い
諏訪湖清掃  年3回
並木でマルシェ・・・地元の地産をアピールするイベントです。積極的に参加しています。
養護施設慰問   バザーや募金活動に参加しています。
③社員・アルバイトへの「おもてなし人材教育」「次世代につなげるおもてなし」
外部講師を呼んで、「おもてなし」の勉強会を行っています
この活動を通して、15歳から30歳までのスタッフが地域を愛し自分たちが地域を元気にしていく

小林 雄輝こばやし ゆうき

img05

☆就業している分野

・観光業
・長野県駒ヶ根市にある中央アルプス千畳敷にかかるロープウェイの運営が基盤事業となっている会社です。ロープウェイの現場→営業マンと経験を積みまして、現在は山頂にあるホテル千畳敷のフロントスタッフとして従事しております。

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 駒ヶ根市、また伊那谷地域は観光資源が豊富にあるにもかかわらず、まだ世間での認知度が低いと感じ、自分が住んでいる地元が、【結】に溢れた地域にしようと頑張っています。
 未来塾生として学んでいる際、塾長が初めに仰った、「雪かき隣三尺」のような気づかいのできる人間が育つよう、会社や市民団体を通じて発信をしていくよう努力しています。

☆実施したおもてなしの事例

○外部での活動
ホテルスタッフとして従事している傍ら、自主的に立ち上げた市民団体「駒ヶ根ソースかつ丼フライヤーズ」の一員として所属し、駒ヶ根を盛り上げる、駒ヶ根に来ていただいたお客様に喜んで帰って頂く為、そして「またここに来たい!!」と思って頂けるおもてなしを実践しています。

・市民で盛り上げる!!かつ丼を使った恋カツ作戦。
→駒ヶ根地域に住んで頂きたい!!そんな思いがある方を募って結婚相談所とタッグを組んでみんなで一緒にご当地グルメを作ろう作戦を決行しました。めでたくカップルも誕生しています。
・ご当地グルメで町おこしの祭典B-1グランプリへ出展
→同団体で青森県十和田市に向かい、駒ヶ根の紹介を自主的に行ってきました。駒ヶ根の観光、住み易さ、地域の人のあたたかみ、結の文化がまだ強く残っている事など。

○会社内での活動
・四季を大事にする私達の会社はご来場頂いたお客様により深く四季を感じて頂くため、景色を外だけでなく私たちの施設内でも感じて頂く為に、施設内の季節の飾り付けを実施。
・社内におもてなし課を設置し、ご来場頂いたお客様からのお褒め、お叱りの言葉を共有し、今後改善ができるように課内で検討、実践を行い、実践結果を更に検証を行っています。

☆講習会、研修会の講師実績

・上伊那おもてなし向上分科会での講師
・社内でのおもてなし講習会講師 etc

中信地域

木村 みかきむら みか

img06

☆就業している分野

観光業(観光案内、タウンマネージメント、飲食店マネジメント)

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 対話を重視した満足感の提供を目指す(言葉が創出する感動!)
 自らの意識改革を最重点事項とし、木曽地域のおもてなし伝道師を目指す。
 (夢を言葉にして実現するサイクルを、まずは私から、そして周囲に!)

【実践例】
・朝起きて本日の段取りを思い描く前に「今日も新しい朝をありがとう」と心の名でつぶやくようにし、日常的に感謝の気持ちを底辺の携えるよう心がけている。
・事業展開への提案や相談に対し「いいね。」という言葉をまず発することを心がけ、失敗を恐れずに事業展開できる雰囲気づくりと、組織内の風通しの良さを訴求している。
・他団体主導のイベントであっても、参画時には主催者側に意識を置いてお客様目線で企画を精査するよう心がけ、特に、内外からの主催者への苦言は真摯に受け止めている。
・アウトプットを変えるにはインプットを変える必要があると発言し続けることで、過去を振り返り、些細な事からでも改革へ向かうポジティブな意識を習慣づけている。
・おもてなしセミナー開催を事業項目にもつ情報拠点「(一社)木曽人」の設立と2016年事業展開開始への準備

☆講師実績

・ 2015/06/29信遠ネットワーク
「住民の力で地域を元気に ~好きな事を好きなだけできる仕掛けづくり~」
・ 2015/06/29山梨県南牧村
「まちづくり会社の役割 ~お客様に満足感を提供するおもてなしソフト~」
・ 2015/07/07静岡県松崎町
「おもてなし推奨店づくりのノウハウ ~いらっしゃいませプロジェクト~」
・ 2015/09/14兵庫県宍粟市
「まちづくり会社の役割 ~お客様に満足感を提供するおもてなしソフト~」
・ 2015/10/31北海道福島町(2016視察下見)
「まちづくり会社の役割 ~お客様に満足感を提供するおもてなしソフト~」
・ 2015/12/21倫理法人会伊那木曽支部
「木曽地域における観光産業の役割 ~疲弊を救うおもてなしの心~」
・ 2016/02/08塩尻市商工会議所小規模企業振興委員会
「まちづくり会社の役割 ~お客様に満足感を提供するおもてなしソフト~」

以下、内部での活動
社内事務局、社内飲食店&宿泊施設、社内ガイドボランティアチーム(まちの案内人の会)、
木曽町商工会商業部会、木曽広域連合観光振興プロジェクト会議人づくり部会、木曽町観光協会事務局(広小路プラザ)

米窪 直美よねくぼ なおみ

img07

☆就業している分野

・飲食業
・街づくり事業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 ・飲食業の分野では、年間述べ約5000人ほどのお客さまと常に対面での接客をしています。
 ご来店されるお客さまの年齢も、出身地も幅広いため、長野県の情報や地域の特性、四季を通じた食べ物の話題などをお伝えするように心がけています。

信州おもてなしマイスターとして私が目指すおもてなしは、対面での接客という条件を生かし、お客さまひとりひとりの人生のワンシーンの中で、家路の途中でも、ここからどこかへ向かう途中でも、当店を選んでお立ち寄りくださったお気持ちに寄り添い、お客さまのその時々に思う「あと少し」を叶えることができるようなおもてなしをしたい。
私が経営するお店の企業理念は「あなたのあと少しを叶えたい」です。
常にそう念頭に置き、おもてなしをさせていただいております。

☆実践したおもてなしの事例

・信州の四季を通じて採れる山菜や野菜などをどうしてその季節に食べるのかという理由や、由来や食べ方などを若年層の方や県外移住者などにお伝えしながらお出ししています。
・山菜の処理の仕方、季節ごとのお漬物の漬け方(梅、瓜、野沢菜など)の教室を開催しております。

☆講習会、研修会等の講師実績など

・未来塾終了後、塾内容及びおもてなしマイスター就任報告について所属組織(塩尻商工会議所青年部)にて発表

・地域イノベーター養成アカデミーの事業の一環で開催されている地域イノベーター留学http://academy.etic.or.jp/fw/642

塩尻市は、また会いに行きたくなる、この街で働きたくなる「人に会いにゆく旅」ツアーを開催。
留学生のフィールドワークの締めくくり、発表会と懇親会におもてなしマイスターとして参加。
数分間時間をいただいたので、長野県のおもてなしに関する取り組みや地域イノベーターのみなさんとの交流をいたしました。

室伏 義郎むろふし よしろう

img08

☆就業している分野

宿泊業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 「おもてなし」の心はサービス業に関わる人々のみならず、全産業、そして人の日々の暮らしの中で大切な理念の一つと考えております。日々接する人々への気遣い、思いやりの行為が相手の喜びに繋がる。「おもてなし」とは日々の自分の姿と一体でなければ感動を伝えられない。
 私の「おもてなし」実践はお客様をお迎えにあたって人、自然、文化への心遣いの整えが大切と考えております。出逢う人々への丁寧な挨拶や言葉遣い、所作。自然環境を整える事、清掃をして、しつらえる事。食も手を惜しまず丁寧に携わるよう心がけます。
 接遇にあたっていつも心掛けている想いが在ります。お客様は貴重な時間、はるばる信州へ、経費をかけて楽しみを抱いて訪れて頂いております。それらに応えるには何より心遣いが大切であると云う事です。
 「おもてなし」の実践を通してお客様のみならず、日々の出逢いの人々から寛いだ、和んだ、元気になったとの想いを抱いて帰路について、ひと時の縁が大切な想い出になって頂くことが私共の「おもてなし」の社会的役割を常々考えております。

☆講師実績

地方都市ホテルにて「おもてなし」教育研修講師
地区の有志の方がたへの「おもてなし」講話

「おもてなし」の行き届いた街は住人も来訪者も居心地の良い場に違いない。信州人全体が「おもてなし」の心で大きな魅力を発信できる信州を創生していきたいと願っております。
機会を得られましたら「おもてなし」講師を努めさせて頂きたいと常々、考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

北信地域

宮原 理恵みやばら りえ

img09

☆就業している分野

観光業(一般社団法人信州・長野県観光協会所属)

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 「長野県にお越しいただいた皆様に満足してお帰りいただきたい。」
お客様だけでなく、地域も自分もみんなが楽しい気持ちになれるよう、笑顔を絶やさない努力をしています。
また、「相手のために時間を費やす」ことを念頭に、積極的に会話をして
コミュニケーションを取るトレーニングを積み重ねています。

☆実施したおもてなしの事例

・長野市街地のゴミ拾い活動
・職場における、おもてなし実践の推進(電話応対、挨拶、声がけ等)

☆講習会、研修会等の講師実績

・「平成27年度長野県観光部職員の接遇・マナー研修」 講師

清水 美絵しみず みえ

img010

☆就業している分野

サービス業(洋菓子販売)

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 「また長野のあのお店に行きたい」 一度長野を訪れたお客様に、そう感じてもらうにはどうしたらいいのか。
社内では”おもてなし向上”を大きなテーマとして長年取り組んできました。
定例会議では読んだ本の感想を発表する時間があり、高野登さんの本はおもてなしに取り組む私たちの教科書でした。
そんな時未来塾を知り、高野塾長・同じ志を持つ皆さんと出逢い、自分のやるべきことが見えてきました。

毎日の生活の中で、”やってくれてあたりまえ”に思っていることが多くあります。職場内・家族はもちろん、あたりまえのように新聞が届き、あたりまえのようにご飯を作ってくれる。あたりまえのように皆が出勤してくれて仕事が始まる・・・。そんな日常すべてにおいての”やってくれてあたりまえ”を”やってくれてありがとう”に変えることが出来たら、伝えることが出来たら、今よりもっと笑顔に溢れた毎日になるはずだ!
それが、私が未来塾で学び感じた思いです。その日から私の主軸となるおもてなしは〈あたりまえのことに感謝することを以って 皆が幸せになることを為す〉だと決め、現在もすべてはそこに繋がるようにと考え取り組んでいます。

信州おもてなしマイスターとして、そのような思いを持った人材を増やし、広げていくことが今の私の役割だと思っています。
すべての方々の笑顔のために。

☆実施したおもてなしの事例

〈りんごの種〉・・・いいことを報告するレポート。小さな種が大きな実になるよう願いを込め命名。
高野塾長から学んだ”心の筋トレ”のための取り組み。いいこと・あたりまえと思って見過ごされていることを報告し、社内で共有しています。
ほめられることで誇りや認め合いにつながり、ほめることで気づき力を高め感謝の気持ちを持つことにつながる。何も考えていなければ書くことは出来ません。毎日が”心の筋トレ”です。

中村 行隆なかむら ゆきたか

img011

☆就業している分野

交通事業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 地域を愛し誇りに思い、信州においでいただいた方にまた来たいと思っていただけるようにしたい。
 信州に訪れた方はもちろん地域の方が笑顔になるようにしたい。
 道に迷っている方や困っている方に見て見ぬふりをするのでは無くお声を掛けてご案内をしたい。常日頃よりやさしい運転を心がける信州にしたい。

☆講師実績等

善光寺御開帳時におもてなし未来塾の有志で参道のゴミ拾いやご案内をし、その後も毎朝、出勤前に善光寺に寄り観光客にお朝事の案内や、朝の善光寺の様子をSNSに投稿。
3月の新幹線延伸時や8月のサービス向上月間に長野駅においてドアサービスや市内のご案内を実施。
タクシーサービス向上の為、主要乗り場のルール作りをし、指導。
長野市の公共交通会議等に参加し、より良い公共交通のために活動。
長野県中小企業家同友会にておもてなしについて講演。
ソーシャルビジネスの勉強会でおもてなしについて発表。
業界誌において、6月と1月におもてなしについて寄稿。
NAGANO検定 NAGANO検定チャレンジに合格し長野市内のお奨めをご案内。
平成28年2月にユニバーサルドライバー講師の資格を取得し、新たにユニバーサルドライバーになる方への講義