おもてなしマイスター

蓑島 江身子みのしま えみこ

img04

☆就業している分野

飲食業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 私は、飲食業を経営しています。食を通してお客様の心地よさとスタッフの幸せを目指し、地域に元気と笑顔が広がる街つくりに貢献していくことを目指しています。たとえば地域で行き交う人々とすれ違うとき、「おはようございます!!」「こんにちは!」「こんばんは!」とお声掛けさせていただくことで、私たちは地域でお役に立っているという、達成感や街を愛する心が成長します。そんな若者をたくさん増やし街を元気にして行く。また、若者が元気になる環境つくり、其れは雇用創出して行くことや、労働環境を安定が大事ですね。「日本一のおもてなし」の県になったら外国からの誘客も日本で一番になることで、全国の中から長野県を選んでいただけると思います。そんな街づくりや会社づくりに貢献したいと思っています。

☆実施したおもてなしの事例

①お客様へのおもてなし
お店では、お客様への「おもてなし」は、お客様感動満足につながるふれあいを目指しています。
定期的にイベントを実施(じゃんけん大会・夏祭り・料理対決・季節ごとのイベント(正月イベントで書初め大会・2月の節分豆まき3月の女の子の日でサービス・5月男の日のサービス・7月の夏祭り千本引き・10月紅葉祭り・11月ハロイン・12月クリスマス)

②地域への「おもてなし」
毎日店舗付近のゴミ広い
諏訪湖清掃  年3回
並木でマルシェ・・・地元の地産をアピールするイベントです。積極的に参加しています。
養護施設慰問   バザーや募金活動に参加しています。

③社員・アルバイトへの「おもてなし人材教育」「次世代につなげるおもてなし」
外部講師を呼んで、「おもてなし」の勉強会を行っています
この活動を通して、15歳から30歳までのスタッフが地域を愛し自分たちが地域を元気にしていく