おもてなしマイスター

米窪 直美よねくぼ なおみ

img07

☆就業している分野

・飲食業
・街づくり事業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 ・飲食業の分野では、年間述べ約5000人ほどのお客さまと常に対面での接客をしています。

 ご来店されるお客さまの年齢も、出身地も幅広いため、長野県の情報や地域の特性、四季を通じた食べ物の話題などをお伝えするように心がけています。

信州おもてなしマイスターとして私が目指すおもてなしは、対面での接客という条件を生かし、お客さまひとりひとりの人生のワンシーンの中で、家路の途中でも、ここからどこかへ向かう途中でも、当店を選んでお立ち寄りくださったお気持ちに寄り添い、お客さまのその時々に思う「あと少し」を叶えることができるようなおもてなしをしたい。
私が経営するお店の企業理念は「あなたのあと少しを叶えたい」です。
常にそう念頭に置き、おもてなしをさせていただいております。

☆実践したおもてなしの事例

・信州の四季を通じて採れる山菜や野菜などをどうしてその季節に食べるのかという理由や、由来や食べ方などを若年層の方や県外移住者などにお伝えしながらお出ししています。
・山菜の処理の仕方、季節ごとのお漬物の漬け方(梅、瓜、野沢菜など)の教室を開催しております。

☆講習会、研修会等の講師実績など

・未来塾終了後、塾内容及びおもてなしマイスター就任報告について所属組織(塩尻商工会議所青年部)にて発表

・地域イノベーター養成アカデミーの事業の一環で開催されている地域イノベーター留学http://academy.etic.or.jp/fw/642

塩尻市は、また会いに行きたくなる、この街で働きたくなる「人に会いにゆく旅」ツアーを開催。
留学生のフィールドワークの締めくくり、発表会と懇親会におもてなしマイスターとして参加。
数分間時間をいただいたので、長野県のおもてなしに関する取り組みや地域イノベーターのみなさんとの交流をいたしました。