おもてなしマイスター

小室 孝明こむろ  たかあき

☆就業している分野

観光地域づくり業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 ”おもてなし”の定義とはなにか。なにを以て成せば、おもてなしとなるのか。考えれば考えるほど、難しいと思います。ただ、相手のことを思って自分のとった行動、それが両者にとって気持ち良く、極端に裏のある行動でなければ、それはもうおもてなしになっているのではないかと思っています。

 私は小諸市に移住して2年が経ちましたが、小諸市ではちょうど”観光地域づくりビジョン”という、将来に渡り小諸がどのような地域に成っていくべきか、観光の観点からアプローチする将来ビジョンが、市民、民間企業、行政からなる組織で策定されました。

 このビジョンの個人的な理解は、まずは地理に不慣れそうな方に直面したら快く声を掛けご案内する、この地域を楽しむために何かが障がいになっている方がいらっしゃれば援助する、地域住民の方が代々築いてきた歴史文化を尊びそれを楽しく広げ守っていく、地域の一人ひとりが自分の住まう地域を愛し心から人に紹介したくなる、これらを一人でも多くの住民が参加して住みやすい、訪れたい地域を作っていくこと、です。

 これらは理想論かもしれません。そして誰もが分かっていて、更に今さら分かったことではないかもしれません。これらを現実のものとしようと動いている方々が大勢いらっしゃいます。私もその一員になり、”信州おもてなしマイスター”になるために授かった、人間として活きる意志、想いを常に念頭に置き、必要とされる地域人になりたいと思います。

☆実施したおもてなしの事例

・”小諸センゴク甲冑隊”の一員として、小諸城址 懐古園に来られたお客様の思い出が、更に心に残るよう、市内外の様々な機会でも小諸の歴史をPRしています。子どもセンター”こもロッジ”や保育園でも、子どもたちと楽しく歴史を学んでいます。自分自身も活動を通じて知見が広がり、地域愛が向上中です。
・こもろのコン活”こもコン”
小諸の山、浅間山や高峰高原を舞台に、山の魅力に浸りながら、男女の出会いをお手伝い。これを機に結婚移住者も誕生!おめでとうございました!
山の魅力は人と人を引き付けますね!
・”小諸人ビジネスポロシャツ”
小諸愛のみえる化、まずは自分たちから。商工会議所さんのナイスな小諸人ロゴをお借りして、行政や観光協会をはじめ市民の皆様方へ販売しています。2シーズンで800着程の売り上げは、地域の皆様による小諸愛の表れです!
“小諸人”が、お客様をお出迎えします!

☆講習会、研修会等の講師実績

特になし。