おもてなしマイスター

室伏 義郎むろふし よしろう

img08

☆就業している分野

宿泊業

☆信州おもてなしマイスターとして自分が目指しているおもてなし

 「おもてなし」の心はサービス業に関わる人々のみならず、全産業、そして人の日々の暮らしの中で大切な理念の一つと考えております。日々接する人々への気遣い、思いやりの行為が相手の喜びに繋がる。「おもてなし」とは日々の自分の姿と一体でなければ感動を伝えられない。

 私の「おもてなし」実践はお客様をお迎えにあたって人、自然、文化への心遣いの整えが大切と考えております。出逢う人々への丁寧な挨拶や言葉遣い、所作。自然環境を整える事、清掃をして、しつらえる事。食も手を惜しまず丁寧に携わるよう心がけます。

 接遇にあたっていつも心掛けている想いが在ります。お客様は貴重な時間、はるばる信州へ、経費をかけて楽しみを抱いて訪れて頂いております。それらに応えるには何より心遣いが大切であると云う事です。

 「おもてなし」の実践を通してお客様のみならず、日々の出逢いの人々から寛いだ、和んだ、元気になったとの想いを抱いて帰路について、ひと時の縁が大切な想い出になって頂くことが私共の「おもてなし」の社会的役割を常々考えております。

☆講師実績

地方都市ホテルにて「おもてなし」教育研修講師
地区の有志の方がたへの「おもてなし」講話

「おもてなし」の行き届いた街は住人も来訪者も居心地の良い場に違いない。信州人全体が「おもてなし」の心で大きな魅力を発信できる信州を創生していきたいと願っております。
機会を得られましたら「おもてなし」講師を努めさせて頂きたいと常々、考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。